得意分野?

スポンサーリンク

最近、この日記とか「せきねさん家」を見ようと思ってアクセスしたけど

「表示されるまでに前よりもやたら時間がかかるなぁ(怒)」

と思った方、ごめんなさい。
サーバのiMacのOSをバージョンアップしたら急に遅くなりました…
(自分の家のLANからでさえ、トップページが完全に表示されるまでに20秒ぐらいかかる…)

ついに(初代)iMac君もOSのバージョンアップに付いていけなくなったみたいです。
(いや、233MHzで今までマジでよく頑張った!)
引退させるかCPU交換して延命させるか、現在(財布と)検討中。
(せっかく見てくださる方にイライラさせてすみませんです。)

さて、今日は朝9時に美容院を予約していたのでもうすぐ春だし、
カリスマ美容師とカリスマスタッフのいるいつもの所で、すっきりカットしてもらってきたよ!
(毎度のことながらついめんどくさがってしまうので、今年も1年に4回以上は切るように心がけなくては。)

で、お家に帰って来てここの所、寒くてあまりやっていなかった久しぶりのマーチの改造だよ!

今回は(いや、今回も)あんまり他の人が興味無さそうな「無駄?な改造」だよ!
(しょぼいクルマに乗ってる人だけしか興味なさそうなやつです…)

で、今日はいきなり改造終了後の画像です。


↑改造終了後。

さて、何が変わったか分かるかな?(ホイールがスタットレスだからしょぼくなったけど、それではない)
結構大きな物だよ。

廃車になった平成10年式の


↑この子の部品を使ったよ。


↑後期型で、まだ走れそうなのにかわいそうに。

もう分かったかな?

で、部品到着。


↑かなりでかい…。(なぜか、せきねさん家ではバナナを買ってくると玄関に吊るす習慣がある…)

そう、ある意味得意分野のこちら


↑K11マーチ後期用「UVカット断熱グリーンガラス」!(3Dr用フロントドアガラス)だよ。

サンルーフ取り付け・リアサイドガラス交換に続いてガラスネタ第3弾?

微妙なガラスネタはせきねさんに任せとけ!
かえたところで、クルマが速くなったり燃費が良くなったりは一切ないけど、
そう言う改造大好きだよ!今日もニコニコ「ガラスチューン」だよ!

さて、

「ガラス」替えるって「スモーク(フィルム)」張ればいいじゃん・・・

って思った人もいるはず。
いや、おっしゃる通り・・・
と言うことで以下、世の中に「スモーク(フィルム)」がないと仮定して読んでください…

ってのは冗談で、そもそも普通の若者は

「真っ黒のスモークを張って車内が見えないようにしたい」

って理由でスモークを張るのだろうけど、せきねさんは

「運転しにくくなってしまうので出来ればスモークは張りたくない。(車内のスヌーピーも見えなくなるし)」

って人なんだよ。

でも、ここ1年間毎朝会社に通勤して

「この日差しは何とかならんものか?」

って思ったんだよ。
せきねさんのマーチはUVカットとかそんなVIPなものではないノーマルのガラスだからさ、夏とか運転席側の右腕だけ日焼けしたりするんだよね…。中にいるスヌーピー達や色んなものが日焼けして変色しちゃうしさ…。

ってことで、せめてUVカットのガラスが欲しくなったって訳よ。
でも、それなら「UVカットのフィルムを張ればいいじゃん」って感じだけどさ、
実は4年ぐらい前にフィルム張りに挑戦したことがあったんだよ。
でも、安いフィルムだったし、自分も下手で上手く張れずに失敗に終わったって苦い経験があるんだよ。
(値段の高いフィルムは厚みがあって張りやすいらしい。)

それに去年の4月から保安基準でフロントドアガラスは可視光線透過率70%以下では車検に通らなくなったよ。
(透過率が低い程「濃い?」ってこと。ほとんど見えない真っ黒スモークは透過率10%ないぐらい。)
去年の4月から何かとクルマの取り締まりがきつくなっているのはご存知の方もいると思うけど
フィルムについても厳しくなったよ。
全国各地で、ガラスの透過率を計る機器を持って取り締まりをしているらしい(でも、色んな情報をまとめると車検は透過率70%以上で、警察の取り締まり的には透過率40%以下が取り締まり対象みたいです。整備不良違反で反則金と反則点数1点)。

そうすると

「じゃあ、透過率70%以上のフィルムを張ればいいじゃん」

って事になるんだけど、透過率70%ってどれくらいなのかはこの後分かってもらえると思います。

では、まずは平成6年式のマーチに付いていた「ノーマルのガラス」から


↑取り外した「ノーマルのガラス」。(部屋にハンドルやらホイールやらガラスが転がってます…)

ガラスの区別はガラスの端に刻印されている番号で判断します。


↑1番下に「DOT44 M213」と書いてある。

DOTナンバーはガラスのメーカーを表します。
DOT20:旭硝子
DOT23:日本板硝子
DOT44:セントラル硝子
国産車はほぼこの3つのメーカーのどれかです。

Mナンバーはガラスの種類(厚みや色など)を表します。
ちなみにこの「ノーマルのガラス」の「M213」は
色:クリアー 厚み:3.5mm 可視光線透過率(約)90%
です。
(透過率についてはガラスメーカーでは公示してくず、カーフィルム屋さんですら困っているようですがネットで頑張って探すと強者カーフィルム屋さんがWebで公開してくれてます。素人にとってもありがたい。)

で、次に参考として
今回買ったものではなく平成8年式ぐらいのマーチに付いている「UVカットグリーンガラス」


↑「UVカットグリーンガラス」

刻印は


↑1番下に「DOT44 M2A3」と書いてある。

この「UVカットグリーンガラス」の「M2A3」は
色:グリーン 厚み:3.5mm 可視光線透過率(約)81%
です。

そして、今回買った
平成10年式のマーチに付いていた


↑「UVカット断熱グリーンガラス」

刻印は


↑1番下に「DOT44 M2E3」と書いてある。

この「UVカット断熱グリーンガラス」の「M2E3」は
色:断熱グリーン 厚み:3.5mm 可視光線透過率(約)75%
です。

マーチ純正のガラスですら可視光線透過率が75%です。
参考として
ガラスの厚みが増せば透過率も下がるので同じ断熱グリーンでも
ちょっとお高いクルマで厚みが5mmあるガラスだと72%になります。

つまり車検でフロントドアガラスが70%以上でなければならないことを考えると
ほぼフィルムを張ることは不可能な感じです。
(自分で言うのもなんだけど、ガラスネタ結構勉強しました…)
ノーマルガラスは90%だからまだ張ろうと思えば張れるけど、
マーチの場合ガラスごと買った方がよっぽど安い。

まあ、70%以下のフィルムを張って、車検の度に張り替えればいいと言えばそれまでですが…。

さて、いよいよガラスの交換です。
そもそも、平成6年式の前期型のマーチに
平成10年式の後期型のマーチのガラスが取り付けられるのかどうかが問題です。

それを調べようと色々調べたり、マーチマニアが集まる掲示板に質問を書き込んでみましたが
どこにもそんな話は書いてないし、誰一人お返事がないので
(前期型に後期のガラスを付けようって人あんまりいないだろうし(大して意味ないし…))

で、
「やってみれば分かる」ってことで、思い切ってガラスを買った訳です。

さてさて、まずはドアガラスを取り外すよ。


↑マーチの内張り。
(内装もグレードの高いやつのに交換したいとずっと思っているんだけど、外から見えるところ優先って感じでつい後回しに…)

内張りを剥がす為にプラスドライバーを使って


↑取っ手の部分をはずす。

で、後は気合いで内張りを引っ張ると・・・


↑内張りが外れた。

ドライバーで外した取っ手の部分以外は


↑このような突起が内張りの内側に何カ所か付いているだけなので少し力を入れて引っ張れば取れる。
(この前「セレナ」と「デミオ」の内張りを剥がず機会があったんだけど(←どんな機会だ?)、ほぼ同じやり方で取れました。)

で、内張りを剥がしたドアは


↑こんな風になってます(スピーカーは昔替えた)。
ちなみに所々鉄で覆われていない穴があいている部分をアルミのテープなどを張って
ふさいだりすることを「デットニング」って言ったりします。
デットニングはオーディオの音質向上の為にやったりします(外気が伝わりにくくなって断熱効果もあるかも?)。
何で音質が向上するかと言うとドア全体をスピーカーの箱と考えると
ご家庭用のスピーカーが木の箱で覆われているのと同じ原理です(穴だらけのスピーカーってないでしょ?)。

で、ガラスの取り外しはこの穴を使います。
マーチのガラスは2点止めで
パワーウィンドウのスイッチを付けてガラスを下まで下げて
片方は


↑1番大きな穴のところでガラスを固定しているネジを取り外す。

もう片方は


↑スピーカーの横の小さい穴の部分からネジを外す(ちょっと作業しづらい)。


↑ネジ部分。

2つのネジを外し、レギュレータ(ガラスを上下に動かす部分)からガラスを取り外すと
ガラス自体がフリーになるのでこれでガラスを取り外すことが出来ます。

俺も作業する前は知らなかったけど、
ガラスって内張り剥がしてドアの下の方から出すんじゃないんだね。
どうやってガラスをドアから出すかと言うと


↑この角度にガラスを傾けると取り出せます。
(サンバイザーが付いているとちょっと邪魔ですが、何とか取り出せます。)
クルマのガラスってこんな風に取り外すんだねぇ。

で、ノーマルのガラスとどれくらい違うかと言うと


↑並べるとこんなに違う!

では、交換前と交換後の画像です。


↑ノーマルのガラス(助手席側)。


↑UVカット断熱グリーンガラス(助手席側)!


↑ノーマルのガラス(運転席側)。


↑UVカット断熱グリーンガラス(運転席側)!


これで替えていないガラスはリアとフロントのみになりました(サイドは4枚ともみんな替えたし・・・)。
ますますグレード不明な感じに・・・希少車?(ある意味「奇笑車」・・・)。
(フロントガラスと色が違うのがちょっと気になりますが、ここまで来たらきっとフロントもその内・・・しばらくはやらないけど)

やってみて、比較的簡単でしたし、ガラスは中古で1枚3000円でした。
飛び石や車上荒らしにあってガラスが割られても自分で何とか対処できると思います。

以上、フロントドアガラスの交換でした。
(今時、ほとんどのクルマは交換しなくても元々断熱グリーンガラスだとは思いますが…何かの参考になれば…ならないって?)

タイトルとURLをコピーしました