アスタリフトウォーター

こんにちは、昨日の朝「駅前」で・・・

P1110425
リポビタンDの無料配布イベントが行われていて、会社へと向かう足早のサラリーマンを対象にお姉さんが配っていたので、
もらえそうなタイミングに歩行速度を不自然に合わせて、ちゃっかり1本もらってきたせきねさんです♪(笑)

いただいた商品は・・・

062506
↑期間限定の「ラグビー日本代表応援ボトル」とのことで、ちょうどリポビタンDチャレンジカップという日本代表戦があるので、それのPR目的で無料配布を行っていたようです。

味の方は普通のリポビタンDと同じですが、大変美味しくいただきました。
普段は奥さまが近所の薬局で買ってくるお値段3分の1ぐらいの怪しいドリンク剤しか飲まないので、いつもより3分の2程余計に元気が出た気がしました・・・(当家比)

最近「ファイト一発」していない方は久しぶりに飲んでみてはいかがでしょうか。

風邪気味のお子さまにも分けてあげたかったのですが・・・

P1110429
↑リポDは「18禁15禁」の大人の飲み物なので、お子さまの服用は控えましょう。

さて、
昨日は偶然にも、もうひとつ同じような無料配布PRイベントに出くわして・・・(人ごみで働いてるとたまにラッキーな事もある)

P1110428
↑KIRIN(キリン)の「ASTALIFT Water(アスタリフトウォーター)」をいただきました!

そもそも「アスタリフト」って何だっけ?って話ですが
「アスタリフト」とは富士フイルムが生産する化粧品のブランド名の事で、コエンザイムQ10の約1000倍の抗酸化作用を持つ天然物質「アスタキサンチン」を富士フイルムが写真分野で培った「ナノ化技術」を応用して化粧品として加工・販売し、その確かな商品力と共に

062502
↑CMに松田聖子や中島みゆきを起用するなどしてブランド力も高め、化粧品分野への参入は後発でありながらここ数年で売り上げ大きく伸ばしている注目の商品・ブランドなのであります。

アスタリフトの化粧品はそれなりのお値段がする高級化粧品であり

例えば・・・

062504
↑こちらの30g入りの美容クリームは・・・
怪しく言うと、不特定多数の人が行き交う繁華街のドラッグストアで1gあたり末端価格180円程で取引されています。
普通に言うと、マツキヨで市場価格5,400円程(1gあたり180円)で販売されています。

そんな「アスタリフト」を販売する富士フイルムと飲料メーカーのキリンビバレッジがコラボして今年4月に発売した新商品が・・・

062505
「アスタリフトウォーター」です。
アスタリフトの化粧品は高級品ですが、こちらの商品はコンビニで「150円(税抜)」で購入できます。
(注:こちらの商品は「飲み物(美容成分配合飲料)」なので、化粧水と間違えて肌にぶっかけないように。)

いただいた「アスタリフトウォーター」はせきねさんのようなオッサンよりも
女性に飲んでもらいたい飲み物なので、お家に持って帰って奥さまとお子さまと一緒に飲んでみました。

お味の方は・・・

せきねさん:「アスタリフト味なのかね?・・・」

奥さま:「ザクロ&ピーチ味って書いてあるよ。飲みやすくて美味しい♪」

せきねさん:「アセロラっぽくて美味しい♪ほんの少しトロミがあるような?」

お子さま:「おいしー!」

奥さま:「これ1.5リットルの大きいの売ってないのかね?」

って感じでした。

これを飲んだからと言って「美肌」になるとまでは言えませんが、コラーゲンやらビタミンCなどが含まれているので悪くはなさそうです(コーラやファンタを飲むより100倍マシ)。
シミ・シワが気になるお年頃のせきねさんは、今まで「アスタリフト」について全く興味がなかったのですが、たった1本「アスタリフトウォーター」をもらった事で、アレコレ調べたりして意外と「アスタリフト」について興味を持ちました(高くて買えないけど余裕があればアスタリフト使ってみたくなりました)。

P1110430
↑「アスタリフトウォーター」見た目にもお洒落なパッケージなので、
彼女や奥さまとのデートの際にコンビニで「何か飲み物買ってきて♪」と頼まれた時に・・・

「君のために「ドデカミン」買ってきたよベイビー」
ってよりも
「君のために「アスタリフトウォーター」買ってきたよベイビー」

って方がきっと喜ばれる気がしました。

P1110437
↑アスタリフトブランドらしいキレイな「赤い色」の飲み物です♪
(アスタリフトブランド製品の「赤い色」は強い抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」の赤で、サーモンやエビやカニなどの赤い生物もこの「アスタキサンチン」を蓄えている)

はじめは単なる話題作りのコラボ商品かな?とも思ったのですが、
意外と本気で作り込んでいる商品のようですし、飲みやすくて美味しいので街中で見かけたら買ってみてください。

さてさて、
この「富士フイルム」と「キリンビバレッジ」がコラボした「アスタリフトウォーター」が大きく成功した場合、今後同じようなコンセプトの製品が出て来るのではないか?とせきねさんは思いました。

例えば・・・

「P&G」と「飲料メーカー」がコラボした・・・

062501
↑「SK-II(エスケーツー)ウォーター」とか発売されたりする日が来るかも???
(桃井かおりが20年飲み続けてPRしたりして?)

他にも・・・

「大塚製薬」が自社製品を組み合わせて作った・・・

062503
↑「オロナインC」(「オロナイン」+「オロナミンC」)・・・なんて商品どうでしょう?(笑)

いや、色々調べると、もともと1965年に大塚製薬の看板商品だった皮膚薬「オロナイン」にあやかってネーミングして販売されたのが「オロナミンC」との事で、こちらの方がとっくの昔に大成功したブランド戦略商品のようです。

そんなこんなで、
いただいた飲み物を美味しくいただきました。
どうもありがとうございましたm(._.)m

<スポンサーリンク>
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加