タミヤの傑作品「はばたきカモメ工作セット」にハイパーダッシュモーターを取付ける

おもちゃ
スポンサーリンク

こんばんは、先日お子さまの「工作」のお勉強の為にタミヤの楽しい工作シリーズNo.120「ロープウェイ工作セット」を購入して、ついにお子さまがタミヤ製品デビューを果たしたせきねさん家です。
初心者にオススメな「ロープウェイ工作セット」についての詳細は前回書いた以下の日記をご覧ください。

お子さまとタミヤの「ロープウェイ工作セット」を組立ててハイパーダッシュモーターを取付ける
こんばんは、お子さまが小学校2年生になったせきねさん家です。 その昔、せきねさんが小学1,2年生だった頃は、NHKの「ノッポさん(&ゴン太くん)」の影響で「工作」が大好きで、自分でダンボールをハサミやセロハンテープで切ったり貼...

さて、今回も引き続き「工作」のお勉強を続けたいと思います。
もちろんお勉強の教材にはタミヤの「楽しい工作」シリーズを使用したいと思います。

今回はすでに廃盤となっているレトロ?な「楽しい工作」シリーズが運良く手に入ったので、そちらをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

シンプルで見ていてなごむ「はばたきカモメ工作セット」

お子さま向けの工作のお勉強に最適な教材を求めて、ネット上を探していたところ素敵な教材を見つけてしまいました。

それが・・・


↑タミヤ楽しい工作シリーズNo.92「はばたきカモメ工作セット(FLYING SEAGULL DISPLAYKIT)」です。
(当時の定価は700円)
う〜ん、パッケージの画像を見ただけで、何だか和(なご)みます。

こちらは、前回の「ロープウェイ工作セット」よりもさらにシンプルで簡単なので、初心者には超オススメな製品なのですが、残念ながらすでに廃番となっており現在は入手困難です。
(たまにネットで売っていたり(プレミア価格の場合あり)、街のプラモ屋さんとかならまだ売っているかも知れません)

せきねさんは運良くYahoo!ショッピングで在庫処分のSALE品を見つける事が出来たのですが
見つけた瞬間に・・・

「これは絶対欲しい!お子さまと一緒に組み立てたい!」

と思い、売り切れる前に速攻で注文しちゃいました。

で、お値段が安かったので・・・


↑3セットも購入!(1個378円でした♪)
我が家は3人家族なので、せきねさんと奥さまとお子さまの3人でみんなで仲良く一緒に組み立てをして遊びたいと思います♪

さてさて、「はばたきカモメ工作セット」の中身は・・・


↑こんな感じ。本当にシンプルで部品点数がとても少ないです。
ただ、プラモとしては珍しく「カモメの胴体」部分は・・・


↑マットホワイトに塗装された状態で販売されており、他にも「クチバシ」や「目」もキレイに塗装されていました。プラモって普通は買った人が自分で塗装する場合がほとんどなのですが、これならお子さまが作ってもそれなりの見た目に仕上がってくれるのでとてもありがたいです。


↑パッケージはこんな感じ。
モーターの回転運動をクランク機構により上下の直線運動に変え、カモメが飛ぶかのように翼を羽ばたかせて動きます。組み立て後もモーターにギヤ、ロッドが上下に動く様子や動きの変化・伝わり方などが目に見えて、見ているだけでちょっとした勉強にもなるタミヤらしい製品です。

組み立て時間は30分〜1時間くらい


↑お子さまだけでなく、奥さまも含めて家族3人でわいわい言いながらみんなで1手順ずつ一緒に組み立てました。
ハンダ付けなど難しい作業は必要無く、ちょっとしたパーツの組み立てやモーターの取り付け、スイッチや端子の取り付けなど、簡単な作りなので横でサポートしてあげれば小学1年生(組み立て当時)のお子さまでも30分〜1時間程度で十分組み立てる事ができました。


↑ハサミでカモメの翼を切り抜くお子さま。使った工具はニッパーとドライバーとハサミぐらいでした。

完成後の画像

ではでは、完成後の「はばたきカモメ工作セット」をご覧あれ。


↑全体像。
高さは28cm程あり意外と大きいです。


↑カモメさん本体。
つぶらな瞳がたまりません。


↑斜め下から見上げるとカモメが笑っているようにも見えます。


↑後ろ真上から。もともと塗装済みなおかげで出来上がりがキレイです。


↑メカ部分。


↑横から。ギヤ部分には付属の「グリス」が塗ってあります。
(グリスを塗ることで動きが滑らかになったり、ギヤ同士が擦れて磨耗することを防いでくれています。)


↑後ろから。モーターには最初から配線がハンダ付けされていました。電池との接点部分は端子の穴に配線を通してくるっと手で巻くだけです。


↑正面から。
ポイントとなる「クランク機構」によりモーターの回転運動が上下運動に変換され、カモメの翼が上下に動きます。
(詳細は文章よりもこの後出てくる「動画」を見てもらった方が早いです。)


↑翼が一番高く上がった状態。


↑翼が一番下がった状態。

今回は3セット分購入したので、他のカモメ達も集合させると・・・


↑こんな感じ。


↑カモメが三羽もいると「Choo Choo TRAIN(チューチュートレイン)」的な配置で楽しむことも可能です。

注意:古い製品なので付属のモーターが故障している場合あり

こちらの「はばたきカモメ工作セット」はとても古い製品なので、製品の保管状況等によっては新品でも「モーター」が故障している場合があるようです。

せきねさんが買った「はばたきカモメ工作セット」のモーターについても・・・


↑こちらがキットに付属のモーターなのですが(モーターカバーが「青」)、購入した3セットの内の2個のモーターが死んでいました(正しく配線を行なっているのにモーターが全く回らない)。

もともと、長期在庫の古い製品で箱自体が黄ばんでいたりしましたし、モーターも密閉された状態で入っている訳ではなかったので、モーター内部の金属がサビてしまったのでしょう。

ネットでこの製品を購入された方の口コミを確認すると同じように「モーターが死んでた」と言うコメントをさている方が複数いらっしゃいました。まぁ、古い製品なのでその点は最初から覚悟しておいて「動けばラッキー」ぐらいの気持ちで購入する方が良いのかなと思います。

ですが、肝心の「モーター」が動かないと全く意味がないので、自分好みのモーターを入れてより楽しんでしまおうと思います!

モーターのカスタマイズと完成後の動画

3個中2個のモーターが死んでいたと言う事で、新たにモーターを2つ用意する事にします。

まず、1つ目は・・・


↑ダイソーで売っている「プチ電車」シリーズ(100円)を分解して取り出した・・・


↑「ダイソーのおもちゃに付属のしょぼいモーター」(モーターカバーが「白」)をカモメにセット。
しょぼいモーターなので、きっと「のんびり」と動いてくれる事でしょう。

そして、2つ目が・・・


↑タミヤのモーターと言えば何と言ってもコレ「ハイパーダッシュ3モーター」(400円)。


↑パッケージ裏面。
ミニ四駆向けの高速モーターで「毎分17,200〜21,200回転」を誇る・・・


↑「ハイパーダッシュ3モーター」をカモメにセット。


↑左から・・・

・遅い:「ダイソーのおもちゃに付属のしょぼいモーター」
・普通:「キット付属の標準モーター」
・速い:「ハイパーダッシュ3モーター」


↑これら3つのモーターで同時にカモメを動作させて、カモメの動きの違いを動画で比較してみましたので、ご興味のある方は再生してみてください。

やはり比べると「ダイソーのおもちゃに付属のしょぼいモーター」ではカモメが墜落しそうな感じで、羽ばたきが遅くて物足りなさやバランスの悪さが目立ちます。
「キット付属の標準モーター」はカモメの翼の動きがとても自然で一番しっくりくるように見えます。
そして「ハイパーダッシュ3モーター」は何かに追われて必死に逃げているカモメって感じで思わず笑ってしまいますが(しかも爆音)、これはこれで面白くて見てて飽きないので全然アリだなとは思ます。

「まとめ」と「おまけ(他の改造方法)」

お子さまでも比較的かんたんに組み立てが出来て、完成後の見た目もかわいい「はばたきカモメ工作セット」は、組み立ても作業も楽しいですし、お部屋に飾ればちょっとしたインテリアにもなりそうです。お好みでハイパーダッシュ3モーターを仕込んで、動かしてビックリの仕様にするもオススメです。
廃番で入手困難な点が残念ですが、ネットやどこかのお店で見かけ際はぜひ買って組み立てやカスタム(黒く塗ってカラスにするとか・・・)をして楽しんでみてください。

ちなみに「はばたきカモメ工作セット」と同じ動きをする姉妹品的なキットがタミヤ製品にあって、それが・・・


↑タミヤ ソーラー工作シリーズNo.7「パタパタとんぼ」セットです(これも結構昔からあります)。
同じクランク機構を使っていますが、こちらは電池ではなくエコなソーラーパワーで動作する製品なので、太陽光さえあれば半永久的に動いてくれます(そしてモーターより静かです)。

また「パタパタとんぼ」と「はばたきカモメ」を合体させて・・・


↑コラボーレーション作品へと改造するのも面白いかと思いますので、気になる方はソーラー工作「パタパタとんぼ」セットの方もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました