「黄色」のにんじんジュースも新登場:所沢農人さんの旬の野菜詰合せセット(7月編)

食べ物・飲み物
スポンサーリンク

こんばんは、梅雨らしい梅雨でますます家にこもりがちなインドア派のせきねさんです。
毎日の楽しみと言えば「お家ご飯」なので、今月も・・・


↑所沢農人さんよりお取り寄せした農家直送の野菜セット(無化学肥料・無農薬栽培)の7月分が到着しました♪

今年の梅雨は各地で豪雨被害が続き関東も数週間ずっと天気が悪い日が続いており、野菜も高騰している状況ですが、野菜セットの内容は7月と言う事もあり夏を感じる野菜が入っており・・・

スポンサーリンク

所沢農人「旬の野菜詰合せセット(中サイズ)」7月編


↑7月分として届いた所沢農人「旬の野菜詰合せセット(Mサイズ)」はこんな感じ。


↑ゴーヤ。今夏初出荷との事で、気持ち小ぶりですが、エグミが少なくとても食べやすくサラダでもいけるそうです。


↑立派なナス。


↑こちらも立派なキュウリとミニトマト(中玉)。


↑新玉ねぎ。今年の出来栄えば良いそうで、辛味が少なくサラダにも使えて万能です。


↑こちらはパンチ力のあるにんにくらしい風味と味のにんにくです。我が家の夏バテ防止に役立ってくれそうです。


↑バジル(スイートバジル)。サラダや煮込み料理やパスタなど様々な料理で楽しめます。家庭で作るピザにこれがのっていると急に味と見た目が本格的になるから不思議です。

但し、バジルは寒さに弱く冷蔵庫に入れると次の日にはあっという間に黒く変色してしまうので、常温で保存して早めに食べるか・・・


↑水を入れたビンに枝ごとさして、食べる直前に葉をちぎると良いと思います。画像は昨年野菜セットを買った時のものですが、この時は水に挿しておいたら1週間経っても元気でした。


↑モロヘイヤ。夏のご飯のお供でこれがあればご飯がいくらでも食べられます。


↑青シソ(大葉)。細かく刻んでタラコパスタにのせたり、そうめんに入れるも良し、カツオのタタキやマグロと一緒に食べるも良し、味のアクセントになって大活躍です。


↑インゲン。加熱にも強いタイプだそうで、天ぷらや油いため味噌汁などに。


↑キャベツ。何だか普通のキャベツとちょっと違うな思ったのですが、こちらはおフランスのサボア地方原産の「サボイキャベツ」と言う種類です。


↑葉が特徴的でちりめん状にちぢれている事から「ちりめんキャベツ」とも呼ばれているようです。まだまだめずらしいキャベツなので市場では結構いいお値段で売られている事が多いです。
煮崩れしにくのでスープにすると、甘みとうま味が増しておいしいそうです。

7月分(Mセット)に入ったいた野菜の品目

・インゲン ・新玉ねぎ ・バジル ・キャベツ ・キュウリ ・青シソ ・ナス ・にんにく ・モロヘイヤ ・ゴーヤ ・ジャガイモ(北海コガネ) ・ミニトマト

Lセットの場合には上記に加えて以下がプラスされるようです。
・カラー人参 ・コリンキー ・スイスチャード
「旬の野菜」なので注文する時期やタイミング・天候によりセット内容は異なります。

7月分の「お便り」と「野菜セット一覧」

せきねさん家の調理例


毎回届いたお野菜を使った簡単な調理例を掲載していますが、せきねさんは料理の実力はあまり無いのでせっかくの素材(野菜)を活かせているかどうか毎回不安ですが、でも我が家なりに毎回楽しく美味しくいただいているので今回も載せておきます。

いんげんのベーコン巻き


↑いんげんはヘタを取って2,3分塩ゆでし(我が家は面倒なので電子レンジで加熱)


↑いんげんを半分に切ってベーコンで巻いて(爪楊枝をさした方が崩れず焼きやすいです)、フライパンでベーコンの上下左右各面をしっかり焼いて、焼きあがったらさらに半分に切れば・・・


↑「いんげんのベーコン巻き」の完成(いんげんとベーコンって良く合います)。

ナスの照り焼き


↑ナスのヘタを取って半分に切り、内側に包丁で切れ目を入れておきます。


↑内側に薄力粉をつけておきます。


↑フライパンに油を入れ、ナスの内側を下にして焼き色が付くまで中火で3〜4分焼きます。


↑焼き色が付いたらナスを裏返し、皮面も3〜4分焼きます。


↑照りソース(砂糖、みりん、醤油をそれぞれ小さじ2)を入れて1分程煮詰めます。(ここで時間をかけ過ぎると照りソースが煮詰まって真っ黒い飴みたいになってしまうので手早く。撮影してたら煮詰まってしまった・・・)


↑ゴマ(なかったのですりゴマ)と小ねぎ(なかったので大ネギ)を添えれば「ナスの照り焼き」の完成です(少々焼き過ぎたけど中はジューシーで美味しかったです♪)。

モロヘイヤ納豆ご飯

モロヘイヤは「葉」と「茎」を分けてから・・・


↑沸かしたお湯に塩(大さじ1)を入れて、そこにまず「茎」を入れて1分程、「葉」は20秒程サッとゆでてアクを抜きます(ゆでた方が粘りが強くなるらしい)・・・


↑その後、軽く冷水に浸しザルや手でしっかり水を切ります。


↑後は、細かく刻んで・・・


↑「納豆」とまぜまぜして・・・


↑ご飯の上にのせて「生卵」とお好みで「七味唐辛子」をふれば「モロヘイヤ納豆ご飯」の出来上がり♪

ゴーヤ入りジャーマンポテト


↑ゴーヤのヘタとワタと種を取ってスライスし、ニンニクと一緒に4〜5分程中火で炒めます。


↑ジャガイモ(今回手抜きで冷凍のプライドポテトをレンジで温めたもの)とベーコンを入れ、4分程炒めて塩コショウを振れば・・・


↑ゴーヤ入りジャーマンポテトの出来上がり。
今回の野菜セットに入っていたゴーヤは苦味が少ないものなので、特に気になりませんでしたが、苦味が強かったり苦手な場合には「かつおぶし」を入れてあげるとゴーヤの苦味が低減される作用があるそうです。

マルゲリータピザ


↑ピザ生地の上にトマトソース(ケチャップ)とチーズを敷いて、その上に半分に切ったミニトマトをのせ、250度で予熱したトースターで10分程焼いて・・・


↑焼きあがったピザの上にバジルをのせれば「マルゲリータピザ」の完成です♪トマトを焼いた時の甘みって美味しくて大好きです。

バジルはピザの上に乗せると数十秒で黒く変色してしまうので、食べる直前に乗せるのがオススメです。ただ、バジルの特徴的な「香り」が苦手な子供の場合は、変色はしてしまいますが焼く前からピザの上にバジルをのせて焼き、ピザの味になじむようにしてあげると子供でも食べてくれるかなと思います。

「まとめ」とにんじんジュースに「新色(新味)」登場の情報


所沢農人さんからのお便りによると、所沢ブランド特産品にも認定されている「にんじんジュース」に2020年度より新色(新味)の「黄色」が加わったそうです。


↑2019年度からあった「りんごミックス」と「にんじん100%ネクター オレンジ色」に加えて右側の「にんじん100%ネクター 黄色」が加わり全3種類のラインナップになりました。

「黄色」は特に甘みが強くてフルーツのような味わいとの事で、すごく気になっていたのですが、この度取り寄せて味を確認してみましたので、以前書いた以下の記事に新登場の「にんじん100%ネクター 黄色」の情報やせきねさん的な感想も追記しておきましたので、良かったら読んでみてください。

一般的な「しぼったジュース」ではなく、果肉ゴロゴロ・ドロドロの「すり潰した」濃厚なジュースで中でも「黄色」は本当にフルーティーでスイーティーな味わいなのでお子さまには特にオススメです。

そんな訳で、まだまだ外出がしづらい世の中ですが
今月も美味しくて安心な宅配野菜を食べて元気に過ごしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました