所沢農人さんの旬の野菜詰合せセット(2022年5月)

所沢農人
スポンサーリンク

こんばんは、ゴールデンウィークが終わってしまい次の祝日まで一体あと何日あるのだろう?と途方に暮れているサラリーマンのせきねさんです(7/18(海の日)まで祝日ないみたいです・・・)。


↑そんな中、唯一の楽しみである農家直送の「旬の野菜セット(5月分)」が到着しました♪(今月はチルド便で届きました(季節や天候によりチルド便で発送されます))


↑毎月定期購入しておりますが、今月分は葉物野菜が多くて季節の変わり目を感じます(この先の夏野菜も楽しみです)。

スポンサーリンク

所沢農人「旬の野菜詰合せセット(中サイズ)」2022年5月編


↑オーガニックファーム所沢農人さんの「旬の野菜詰合せセット(Mサイズ)」2022年5月分がこちらです。


↑袋から出して並べるとこんな感じ(緑が鮮やかです)。


↑カラフルな「ラディッシュ」。薄く切ってサラダに入れて食べると見た目も良いですし、味のアクセントにもvなります(葉はお汁などに利用してくださいとのこと)。


↑「長ネギ」と「ヤーコン」。あのダンボール箱に入っていたとは思えないサイズの立派な長ネギです(上手いこと詰めて送られてきます)。梨のような甘味の生で食べられる芋「ヤーコン」も大きくて食べ応えがありそうです。


↑春菊。付属の野菜の説明書(野菜セット一覧)にも記載がありますが、そのままサラダで食べる事ができるそうで、農人さんの所から買うようになってから春菊を生のまま食べるようになりました。


↑丸い葉で茎が太いこちらは「小松菜」です。今回は身が詰まっていて硬めなので熱を入れても煮崩れしにくいそうです。


↑葉の先端が尖っていて小松菜よりも茎が少し細いこちらは「ほうれんそう」です。えぐみが少ないので、こちらも生でも食べる事が出来るそうです。先日、我が家のお子さま(小学5年生)が家庭科の調理実習で「ほうれんそうのおひたし」を作ったのが楽しかったようで、今回の野菜セットに入っている無農薬のほうれんそうを見て興味を示していました。


↑所沢農人さんおなじみのパンチ力のある「にんにく」。取ってからあまり時間の経っていないフレッシュタイプで、今回2袋入っていたので1袋はオマケかも?知れません(時々オマケが入っている事があります♪)。


↑えんどう(「スナップエンドウ(左)」と「絹さや(右)」の2種類)。甘みがしっかりあるそうです。


↑葉大根。油揚げと一緒に炒めるとすごく美味しいので、せきねさんは葉大根大好きです。


↑藤色水菜。色がキレイで食感も良いのサラダでいただきます。

2022年5月分(Mセット)に入ったいた野菜の品目

・藤色水菜 ・えんどう(スナップエンドウと絹さや) ・長ネギ ・小松菜 ・にんにく ・葉大根 ・ラディッシュ ・ほうれんそう ・春菊 ・ヤーコン

以下の品目はMセットのみとなります(Sセットには含まれません)
・春菊 ・ヤーコン
「旬の野菜」なので注文する時期やタイミング・天候によりセット内容が異なります

2022年5月分の「お便り」と「野菜セット一覧」

 
↑コロナの影響で中止や延期となっていたマルシェ(出張による直接販売)も徐々に再開しているそうで、この記事の終わりにもマルシェ情報を載せておきます。

せきねさん家の調理例(レシピ)

毎度おなじみですが、今回の野菜セットを使ったせきねさん家の調理例を載せておきます。調理次第どんどん追加していく予定です。(お子さまが小学校で今年はなぜか「料理クラブ」に入ったそうで、お子さまにも手伝ってもらっています)

春菊とラディッシュのごまサラダ

昨年も紹介しましたが、所沢農人さんのユーチューブ動画の中で紹介されていた「春菊のサラダ」がとても美味しかったので、また作ることにしました。


↑「春菊のサラダ」は4:00分頃からです。


↑醤油・ごま油・白ゴマ・春菊を用意します(今回はオマケでラディッシュも入れちゃいます)。


↑春菊を洗って・・・


↑食べやすい1口サイズに切ります。


↑4等分くらい?


↑醤油を入れて軽く混ぜたら・・・


↑ごま油と白ゴマを入れて・・・


↑混ぜ合わせます(入れ忘れましたがラディッシュも輪切りにして入れます)。


↑「春菊とラディッシュのごまサラダ」の出来上がり♪簡単♪


↑せきねさんはもともと春菊が苦手だったのですが、農人さんのクセのない春菊は食べる事ができて、ゴマの香りときつ過ぎない爽やかな味わいの春菊はとても食べやすくて美味しいです(しかも生なのに)。お子さまも食べてくれます。

サラダランチ


↑野菜セットが届いた直後は家族みんなでサラダランチをするのですが、その際にいつも「にんじん」を主食(メイン)にする事が多いのですが、今回は「ヤーコン」を主食にします(左の1本は先月分に入っていたヤーコンで1本余っているのを忘れていました)。


↑ピーラーで皮を厚めにむきます(お家の玄関で1ヶ月放置していた1本も中身はみずみずしいままでした。芋と言う事で長期保存が出来て便利です)。


↑千切りにして水に5〜10分ほどさらします。


↑ヤーコンサラダ出来上がり。色を見て分かる通りヤーコンはオリゴ糖かたまりみたいなもので、甘くて美味しいので何も付けずにそのまま果物感覚でシャキシャキ食べられます。


↑こちらは「藤色水菜」(切っただけ)と「ラディッシュ」(輪切りにしただけ)のサラダ。冷蔵庫にあまっていた「コーン」と「じゃこ」も入ってます。

葉大根と油揚げの炒め物


↑葉大根と言えば定番メニューの「葉大根と油揚げの炒め物」を作ります。


↑葉大根は洗って4cm程の長さにざっくり切ります(白い大根の部分も2cm程の長さに切って一緒に使います)。葉大根は加熱するとカサが減るので3株全て使いました。


↑油揚げ(3枚)は横幅1cm、縦は半分に切ります。


↑「ごま油(大さじ2)」をしいたフライパンに「葉大根」を入れて炒めます。


↑葉大根がしんなりしたら「油揚げ」を投入して軽く炒めます。


↑最後に「めんつゆ(大さじ1)」を入れて味をつければ・・・


↑「葉大根と油揚げの炒め物」の完成です。シンプルですが間違いないお味で箸が止まりません(シャキシャキな食感も良いです)。


↑お好みで「かつお節」をかけても美味しいです。

小松菜とアサリのカニカマパスタ


↑野菜セットに入っていた「にんにく」と「小松菜」を使います。


↑フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく(少し多めに3かけら)を炒めます。


↑冷凍の「アサリ」を凍ったまま入れて溶けるまで炒めます。


↑「カニカマ」が余っていたのでほぐして投入します。


↑パスタを茹で、茹で上がる1分前に4〜5cmの長さに切った「小松菜」を鍋に投入します。


↑ざるでパスタと小松菜の湯切りをしたら・・・


↑フライパンに投入し、オリーブオイル・塩コショウを入れて混ぜ合わます。


↑「小松菜とアサリのカニカマパスタ」の出来上がり♪こちらも小松菜の食感が良くて美味しいです。

ツナコーンほうれんそう


↑ほうれんそう(8株入っていたので今回は4株使用)・ツナ缶・コーンを用意します。


↑ほうれんそうは洗って土を落とし、今週小学校の調理実習でほうれんそうを茹でて来たばかりのお子さまのご指導の元、沸騰した鍋にほうれんそうの「根元」の方を先に入れて20秒ほど茹で、葉を入れたらさらに10秒程茹でます。


↑茹でたほうれんそうを冷水につけ、その後水分を上から下へしっかりと絞るそうです。


↑しぼったほうれんそうを食べやすい4〜5cm程の長さに切り分けます。ほうれん草は「根」の部分が一番甘くて美味しいので、切った根元も捨てずに食します。


↑お皿にツナ缶(1缶)を中身のオイルも含めて入れ、コーン(半缶程)を入れます。


↑切ったほうれんそうも加えて混ぜ合わせれば・・・


↑「ツナコーンほうれんそう」の出来上がりです♪ほうれん草は付属の野菜の説明書に記載の通りえぐみが全然なくてとても美味しかったです。調理実習をする前とした後では料理や食材への関心度が全然違うので家庭科の調理実習は大事だなと思いました。

ライディッシュの葉のお味噌汁


↑サラダを作った際に余ったラディッシュの「茎と葉」の部分を使って「ライディッシュの葉のお味噌汁」を作りました(長ネギも少し入ってます)。葉の部分も美味しいです。

焼きスナップエンドウ


↑スナップエンドウのスジを取ります(そう言えば、せきねさんも子供の頃にやったなこの作業)。


↑洗ったスナップエンドウをビニール袋に入れ、そこにオリーブオイル(大さじ1)、塩コショウ加えます。


↑全体に馴染むようにビニール袋内で混ぜ合わせます。


↑フライパンにスナップエンドウを並べます。


↑フタをして中火で2分程加熱します。


↑2分経ったら蓋を取ってスナップエンドウを裏返し、今度はフタをせずに軽く焼き色がつくまで2分程加熱します。


↑「焼きスナップエンドウ」のできあがり♪
簡単に作れて、シンプルなのにとても美味しくて皮の食感も良くどんどん食べられます。

長ネギと鶏肉の塩レモン炒め

長ネギが入っていた時の毎度お馴染みのメニューですが我が家の人気メニューなので今回も作ります(今回はお子さまが初挑戦)。


↑長ネギ(2本)を2cm程度の幅で斜めに輪切りします(長ネギの緑色の先端部分はすでに別の料理に使ってしまいました)。


↑鶏もも肉500g程を1口サイズにカットします。


↑皮面を下にしてフライパンに並べ、中火で皮に焼き色が付くまで4分程加熱したら・・・


↑鶏肉をひっくり返し、中まで火が通るようにさらに3〜4分程加熱します。


↑鶏肉に火が通ったら「長ネギ」を加えます。


↑長ネギがしんなりするまで混ぜ合わせるように1分半程炒めつつ、味付けに「レモン汁(大さじ1)」と「塩コショウ」を加えます。


↑「長ネギと鶏肉の塩レモン炒め」の完成です。長ネギと鶏肉の最強コンビなのですが、長ネギは甘くて美味しく、鶏モモ肉もレモン汁のおかげでさっぱりして美味しいです♪

絹さやたっぷりチャーハン


↑絹さやのスジを取ります。絹さやは1袋(15本程度)を全部使います。


↑絹さやを洗います(スジを取る前に洗った方が良い?どっちが正解?)。


↑絹さやを3等分にカットします。


↑油をしいたフライパンに絹さやを入れます。


↑そこに卵(3つ)も一緒に入れちゃいます。


↑卵を混ぜつつ中火で加熱します。


↑卵がある程度固まってきたら・・・


↑一旦お皿にのせておきます。


↑ウィンナーを輪切りにします。


↑油をしいたフライパンでご飯とウィンナーを炒めます。塩コショウ、中華ペースト等で味を付けます。


↑我が家の場合はいつも、塩コショウと「おやつラーメン」を砕いたものをチャーハンに入れるのが定番です。


↑ご飯に火が通ったら、先に作っておいた絹さやと卵を加え強火でサッと炒めれば・・・(最後にごま油を入れるとさらに美味しい)


↑「絹さやたっぷりチャーハン」の出来上がり♪絹さやが入ると彩が良いですし、歯応えもあって美味しいです。

マルシェ(直接販売)出店情報

直近のマルシェ出店情報として所沢農人さんのページリンクを貼っておきますので、詳細はリンク先をご確認ください。

5/22(日) 狭山市彩の国マルシェ(埼玉県狭山市)

5/26(木) 歌舞伎座朝市(東京都中央区銀座)

5/28(土) IKE・SUNPARK Farmers Market(東京都豊島区池袋)

6/2(木) 歌舞伎座朝市(東京都中央区銀座)

6/4(土) 月島タワマンプチマルシェ(東京都中央区晴海)

6/7(火) とことこ市(所沢市役所別館前)

タイトルとURLをコピーしました