所沢農人さんの旬の野菜詰合せセット(2022年9月)テレ東で活動が紹介されていました

所沢農人
スポンサーリンク

こんばんは、毎月1回オーガニックファーム所沢農人さんと言う農家から「旬の野菜セット」を定期購入しているのですが、最近我が家のお子さま(0歳)が「離乳食」を食べ始めたので、野菜セットの野菜を離乳食にも活用し始めたせきねさんです(化学合成肥料・農薬を使用しないオーガニック(有機)栽培にこだわっている農家さんなので離乳食にも安心して使えそうです)。


↑「私のご飯はどれかしら?」

テレ東でCSA LOOP(地域支援型農業+食循環)の活動が紹介されていました

こちらのブログでも過去に何回か紹介しましたが、株式会社4Natureさんが企画する「CSA LOOP(地域支援型農業:Community Supported Agriculture + 食循環:LOOP)」と言う活動が・・・


↑テレビ東京の「全力イノベーターズ〜SDGsに挑むZ世代〜」と言う番組で紹介されており、その中で農家としてオーガニックファーム所沢農人さんも出て来ていました。


↑2分半の短い番組でYouTubeからも視聴可能です。「CSA LOOP」は今までに無い新しい取り組みなので、せきねさんも当初はどんな活動なのか理解するまでに時間がかかったのですが、番組内でその活動の概要がまとめられてられています。


↑ざっくり説明すると地域の「拠点(番組ではサトウキビストローを導入している高円寺のRAD BROS CAFE(レッドブロスカフェ)と言うおしゃれなカフェ」が消費者と農家をつなぐ橋渡しをする拠点となり・・・



↑拠点での野菜の販売・購入はもちろん、年間購入契約を結んだ野菜を直接受け取る場所としても活用されています(農家収入安定化の狙いも含まれている)。さらには家庭で生ごみをコンポストで「堆肥化」し、その作られた堆肥を店頭で農家側へ戻すと言う今までにない循環型の面白い取り組みが行われています。

スポンサーリンク

所沢農人「旬の野菜詰合せセット(中サイズ)」2022年9月編


↑今月は段ボール箱がいつも以上に重いなと感じたのですが、箱を開けてびっくり・・・


↑そうなんと野菜セットに「すいか」が入っていました!(初めて!)


↑袋から出して並べたオーガニックファーム所沢農人さんの「旬の野菜詰合せセット(Mサイズ)」はこんな感じ。毎月彩り豊かですが今月は特にカラフルです。
それぞれ紹介すると・・・


↑まずは何と言っても「すいか」。品種は書いてありませんでしたが、完熟しており甘味がしっかりあるそうです。細長い形をしており・・・


↑表面は黒く一般的によく見かけるスイカのような「縦じま」の無い変わったすいかです(スーパーで買うと高いやつ?)。野菜セットにすいかまで入って来るとは、さすが年間150品目以上の野菜を生産している所沢農人さんならではです。味の方も楽しみです♪


↑こちらは「ピーマン」。先月は2色でしたが今月は3色に増えていました♪我が家はトースターで丸焼きして丸ごと食べることが多いのですが、ピーマンの色(完熟度合い)によって味に違いがあり面白いです。


↑毎度強いパンチ力が魅力の「にんにく」。


↑今年もついに来ました「落花生」!。粒が大きくて食べ応えがある「おおまさり」と言う品種で毎年来るのを楽しみにしている一品です。付属の野菜の説明書(野菜セット一覧)に「ゆで落花生」の作り方が書いてあるので、今年もゆでて食べようと思います。


↑柔らかくていつも安定の美味しさの「ナス」。


↑こちらは焼くとトロトロになる「青ナス」。通称トロナスと呼ばれており焼いて食べた時の食感は最高でメインディッシュとして使える大好きなナスです。


↑「たまねぎ」。甘味があってみずみずしいのでサラダにもおすすめとのこと。


↑「じゃがいも(メイクイーン)」。メイクイーンは加熱にも強いので煮込んでも崩れにくく使いやすいです。



↑「かぼちゃ」。形が異なる2種類が入っていましたが、どちらも煮物や揚げ物などに向く栗カボチャタイプとのこと。「カボチャ」は離乳食にはピッタリで、お子さまもよく食べてくれるのでありがたいです。


↑「さつまいも」。ネットリ系の紅粉ハルカだそうです。こちらも離乳食に使えそうです(いや大人も食べたいですが)。

2022年9月分(Mセット)に入ったいた野菜の品目

・じゃがいも(メイクイーン) ・落花生 ・すいか ・ピーマン ・にんにく ・さつまいも(紅ハルカ) ・青ナス ・たまねぎ ・かぼちゃ(栗かぼちゃ) ・ナス

以下の品目はMセットのみとなります(Sセットには含まれません)
・かぼちゃ(栗かぼちゃ) ・ナス
「旬の野菜」なので注文する時期やタイミング・天候によりセット内容が異なります

2022年9月分の「お便り」と「野菜セット一覧」


堆肥作りのお話などが載っており、カフェで出るコーヒーかすなども堆肥として活用しているそうです。

せきねさん家の調理例(レシピ)

手抜き料理が多いですが、野菜セットに入っていた野菜を使用した我が家の調理例を載せておきます。調理次第どんどん追加していく予定です。

すいか


↑こちらのスイカは水分たっぷりで実がギュッと詰まっており甘くて(皮の方までしっかり甘い)とても美味しかったです。スイカも野菜ではありますが、まさかスイカが野菜セットに入ってくるとはびっくりで所沢農人さんの野菜セットすごく楽しめるなと改めて実感しました(お子さまも大喜び)。

ナスとたまねぎのサラダうどん


↑「ナス」と「たまねぎ」の入ったサラダうどんを作ります。


↑たまねぎは切ってから水にさらしました(もともと辛みは少なくそのままでも大丈夫そうだったので短時間だけさらしました)。


↑ナスは洗ってヘタ付きのままラップで包み、爆発しないようにフォークを刺して穴を開けておきます。


↑電子レンジ(600W)で4分〜5分(2本)程度加熱します。


↑加熱後は激熱なので水で冷やします(電子レンジで中まで簡単に火が通るので楽です)。


↑加熱したナスは・・・


↑手で簡単にヘタを取ることができます。


↑ヘタが付いていた部分から縦にさいていきます。


↑手で簡単にさく事ができるのでとっても楽です。


↑茹でた「うどん」の上に玉ねぎやナス、きゅうり、レタス、ツナ、かつお節等をトッピングして、麺つゆをかければ「ナスとたまねぎのサラダうどん」の出来上がり♪(うどんがほぼ見えませんが)。お好みで生卵やマヨネーズ(ツナマヨ)を加えても美味しいです。ナスは甘味があって柔らかく麺つゆともよく合うので美味しいです。

青ナス(トロナス)のバターソテー


↑青ナス(トロナス)は焼くのがオススメとのことで、今年も焼いてとろとろ食感を楽しもうと思います。


↑まずは洗ってヘタを取り、分厚めに輪切りにします。


↑昨年まではサラダ油を使っていたのです「バター」で焼くと激ウマらしいので、フライパンでバターを多めに溶かします(青ナスがみんな吸ってしまうので多めが良いです)。


↑バターが溶けたら輪切りにした青ナスをフライパンに並べます。


↑青ナスの両面にバターが絡むようにひっくり返しながら中火でしばらく焼きます。


↑両面に焦げ目が付くらいまで加熱すると、形を崩さずに箸でつかむのが難しいくらいに柔らかくなるので、柔らかくなったら火を止め・・・


↑火を止めた直後に「お醤油」を軽くかけます(フライパンが熱々なのでお醤油の焦げるいい匂いがします)。


↑最後にかつお節をトッピングすれば「青ナス(トロナス)のバターソテー」の完成です!
多めに入れたバターとお醤油の組み合わせはもちろん、お箸で簡単に切れる程にとろっとろになった青ナスの食感は格別で、お子さまにも大好評でした♪

3色ピーマンのペペロンチーノ(結果2色)


↑色の異なる3色の「ピーマン」と「にんにく」を使ってペペロンチーノ(3人分)を作ります。


↑ピーマンは縦に細切りにします(小さめのピーマン3つ)。


↑塩1%の鍋でパスタを茹でつつ、フライパンに「オリーブオイル(大さじ4(3人前))」と「にんにく」と「鷹の爪」を入れ、にんにくの色が変わって来たら・・・


↑ピーマンを入れ加熱します(お好みで「ベーコン」も投入)。


↑ピーマンがしんなりするまで加熱したら、塩味の付いているパスタの「茹で汁」をおたま1杯分(オリーブオイルと1:1程度が良いらしいので60mlぐらい)をフライパンに入れます。


↑オリーブオイルの色が透明から白っぽくなるまで(乳化するまで)加熱したら・・・


↑パスタを投入し、塩コショウで味を整えて1分程ソースを絡ませるように加熱すれば・・・


↑「3色ピーマンのペペロンチーノ」の出来上がり♪
いや、黒ピーマンは加熱した結果ほぼ「緑」になってしまったので結果的に「2色ピーマンのペペロンチーノ」になりました(笑)
にんにくのパンチ力とピーマン独特の風味(苦味はほぼ無し)がして美味しかったです。赤ピーマンの彩りもいい感じです♪

ゆで落花生


↑落花生(約200g)は水(500cc)と塩(15g)を入れた鍋で5分間沸騰させ、半日放置すれば・・・


↑「ゆで落花生」の完成。食べ応えのある大粒の落花生に塩味が染みてとても美味しく、いくらでも食べられます。粒が大きいので3人で分けても十分楽しめました♪

ジャーマンポテト


↑「たまねぎ」と「じゃがいも(メイクイーン)」を使ってジャーマンポテトを作ります(メイクイーンは加熱に強いのでジャーマンポテト向きのじゃがいもです)。


↑じゃがいもは洗って芽があれば芽を取り、皮付きのまま1口サイズに切って水を少々入れたシリコン容器に入れ電子レンジで加熱します(600Wで5分くらい)。


↑竹串や箸を刺してみて、中まで柔らかくなっていればOKです。


↑フライパンにマヨネーズを多めしいて(サラダ油やバターでも可)、薄切りにした「たまねぎ」を弱火で炒めます。


↑マヨネーズが透明になったら厚切りした「ベーコン」と「ウインナー」を加えて中火でさらに炒めます(最終的にたまねぎに火が通り過ぎてしまったので玉ねぎと同時に「ベーコン」と「ウインナー」を入れても良かったかも)。


↑ベーコンとウインナー全体に油が絡んだら加熱済の「じゃがいも」を入れ、コショウを振ってじゃがいもに少し焦げ目が付く程度まで中火で炒めます(マヨネーズで味が付くので「コショウ」だけにしましたが、サラダ油の場合は「塩コショウ」で味を付けてください)。


↑「ジャーマンポテト」の出来上がり。かなりのボリュームになりましたが、ホクホクのじゃがいもの食感や味のしっかり付いたたまねぎのおかげでいくらでもバクバク食べられてました。

離乳食:かぼちゃ


↑使いやすいサイズのかぼちゃ(栗カボチャ)が入っていたので離乳食に使います。


↑鍋でゆでるためにタネを取って小さめに切り分けました。


↑小さい鍋に少量の水(かぼちゃが1/3浸かる程度)を入れて5〜10分程度ゆでます。


↑箸を刺して柔らかくなっていればOKです(水がなくなる程度までゆでたらちょうど良かったです)。


↑大人が食べると舌で皮を潰せるくらいにとても柔らかいかぼちゃですが、離乳食用なので包丁で皮を取り除きました。あとはスプーンで潰して・・・


↑いただきまーす♪(慣れるまではミルクを少し足してあげるとよく食べてくれると思います)。残った分は大人が食べましたが甘くて柔らかくてとても美味しいかぼちゃでした。

ナスとピーマンとベーコンの炒め物


↑ナス(1本)とピーマン(4つ)と冷蔵庫にあったベーコン(画像の半分で200g位)を使います(3人分)。


↑ピーマンは5〜10mm幅の輪切りにします。


↑サラダ油を多めに入れたフライパンに乱切りにした「ナス」を入れて中火で加熱します。


↑ナスに少し焦げ目が付くまで5〜7分ほど炒めたら・・・


↑ベーコンとピーマンを投入しさらに3〜4分程炒めます。


↑軽く塩コショウをして、最後にお醤油で味を付ければ・・・


↑「ナスとピーマンとベーコンの炒め物」の完成です。ナスは甘くて、ピーマンは少し多過ぎたかな?とも思ったのですが、味や食感が良いアクセントになり美味しくて結局3人で一気に食べきってしまいました。ごちそうさまでした。

さつまいもチップス


↑お子さまが「ポテトチップスが食べたい」と言うので「さつまいもチップス」を作ることにしました。


↑さつまいもは洗って生のままスライサーで薄くします。


↑さつまいも1本でかなりの量になりました。


↑でんぷんを洗い落とした方が焦げにくいらしいので、水につけてみましたがしっかり水を落とさないとあげる時に油が跳ねて大変です。


↑ひたすら揚げ続けます(いも1本分でもスライスすると相当な量になるので揚げるのにもそれなりに時間が必要です)。


↑「さつまいもチップス」の出来上がり♪(画像のお皿で2皿分出来上がりました)。じゃがいもだと塩を振りたくなりますが、さつまいもの場合はさつまいもそのものの甘みを楽しむことができるので、塩など振らずにそのままバクバク食べられます。パリパリ食感とイモの甘みがたまりません。

マルシェ(直接販売)出店情報

所沢農人さんの直近のマルシェ出店情報を載せておきます。詳細はリンク先(所沢農人さんのページ)をご確認ください。

10/7(金) ルミネ アグリマルシェ(新宿)

タイトルとURLをコピーしました