どんど焼き

お出かけ
スポンサーリンク

こんばんは、つい最近「2014年にななったなぁ〜」と思ったのに、気がつけば1月も残りあと数日で
時間が経つのが早いなぁと感じる毎日のせきねさんです。
(まぁ、お仕事中は「早く1日終わらないかなぁ・・・」と思っていますが・・・)

さて、1月の中頃に奥さまの実家の群馬にお泊まりして来ました。

そして、奥さまのお母さまの


↑クルマに乗せてもらって、近くの河原にお出かけです。


↑おばあちゃんの運転するクルマに乗せてもらって喜んでいるお子さま。


↑なぜかブースト計やツィーターが付いているのは
もともと、奥さまの愛車だったからです(笑)


↑そして、河原に到着。


↑そう寝坊して既に燃えていますが「どんど焼き」です(「どんと焼き」って言ったり色々呼び方ありますね)。

せきねさん自身は「どんど焼き」に行った記憶が無くて
(小さい頃に1回ぐらい行った事あるような気がするけど覚えていない)
今回がほぼ初めての「どんど焼き」です。


↑木の枝に「お餅」をさした物を地域の方が無料で配っていました。


↑我が家ももらいました(みかんもささってました)。


↑「甘酒」やら「豚汁」やら「田楽(でんがく)」やらも配っていて、太っ腹な自治会でした。
(沢山いただいちゃいました。寒い外で飲み食いするといつも以上に美味しいです。)


↑炎はすでに下火に見えますが、想像以上に熱くて近寄れなかったです。
あまりに熱くて長い木でも手に持っていられず、地面に放置して焼く事にしました。
(ベテランの人は「お餅」以外に「するめ」とかも焼いていました。)


↑お子さまは河原の「石投げ」が気に入ったようで、おばあちゃんとずっと一緒に遊んでいました♪


↑気温が低かったので、行くまでは寒さが不安でしたが
帰る頃には、体もお腹も温かくなりました。
思ったより楽しかったです♪

そして、調子に乗って・・・


↑翌日も別の「どんど焼き」に参加(笑)

この日は頑張って早起きしたので・・・


↑ファイヤーする前に到着出来ました。
(事前に周りに放水して火事にならないようにしているんですね。)


↑「だるま」さんがてっぺんに陣取っていました。


↑そして、点火!


↑他の地域と比べてやっぱり「だるま」が多いのでしょうかね?(群馬名物だし)


↑まさに「火だるま」・・・

「どんど焼き」は正月の「門松」や「しめなわ」や「書き初め」などを持ち寄って燃やすというお正月の行事で、どんど焼きの火にあたったり焼いたお餅を食べると、1年健康でいられるなどの言い伝えがあるそうです。

タイミングが合えば、また来年も参加したいなと思いました。

去年はあまり群馬に行けなかったので、今年はもっと群馬に遊びに行きたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました