Mac mini 2014にPCIe接続のApple純正ではないNVMe M.2 SSDを増設する(インストール・フォーマット編)

<スポンサーリンク>

こんばんは、Apple純正ではない・・・


↑サムスン(SUMSUNG)のPCIe NVMe M.2 SSD「Samsung SSD 960 EVO」 を購入して・・・


↑Mac mini(Late 2014)に取り付けを行ったせきねさんです(取り付けに関しては取付編の記事をご覧ください)。

今回はMacに取り付けたPCIe NVMe SSDからOSを起動させる為に
「フォーマット」と「OSのインストール」を行いたいと思います。

取付編の記事に記載しましたが、
サードパーティー製のPCIe NVMe SSDをMacの起動ディスクとして使用するには「macOS High Sierra(10.13)」以降のOSを使用する必要があります。

その辺について詳しくは・・・


↑Vintage ComputerさんのVC社長日記のこちらの記事が大変参考になりますm(._.)m

手順的には以下を行えば、サードパーティー製のPCIe NVMe SSDをMacの起動ディスクとして使用できるようになります。

・手順1:EFI(FirmWare(ファームウェア))をNVMe SSDに対応したEFIにアップデートする
・手順2:NVMe SSDをフォーマットする
・手順3:「macOS High Sierra(10.13)」以降をインストールする

という事で、まずは・・・

<手順1:EFI(FirmWare)をNVMe SSDに対応したEFIにアップデート>
これは現在使用しているMacに一度「macOS High Sierra(10.13)」以降をインストールしてあげると、OSのインストール時にMacのEFI(FirmWare)のアップデートが行われるそうです。
(現在使用している内蔵HDDやSSD、外付けストレージへ一度「macOS High Sierra(10.13)」以降を1度インストールしてあげればEFI(FirmWare)がNVMe SSD対応になるという事)

次に・・・
<手順2:NVMe SSDをフォーマット>
フォーマット方法は色々ありますが
手順1で行った「内蔵HDD」や「外付けHDD」に「macOS High Sierra(10.13)」以降をインストールした後に
新品で購入した「非純正のPCIe NVMe SSD」をMacに取り付ければ・・・


↑「非純正のPCIe NVMe SSD」が認識されます。
(画像はMac mini(Late 2014)の内蔵HDDにインストールしたOSから起動させました)


↑PCIe NVMe SSD購入後に何もフォーマットしていない状態のシステム情報画面。
購入直後のPCIe NVMe SSDは未初期化の状態なので・・・


↑初期化(フォーマット)を促す画面が表示され「初期化」ボタンを押すとフォーマットできます。

ただこれは複数のドライブを内蔵できるMac miniの場合の話で
MacBookのように複数のドライブを内蔵できない機種や、外付けHDDを持っていない場合には
USBメモリを使って「インストール用USB起動ディスク」を作り、そこから起動してフォーマットする手もあります。

さらに、
外付けHDDやUSBメモリすら準備せずに一番簡単にできそうなのが
インターネットリカバリ機能を使った「macOS復元」で起動してフォーマットする方法です。

せきねさんはMac mini(Late 2014)を使用していますが
あえて、1台のストレージしか内蔵できないMacBookと同じ環境にする為に・・・


↑S-ATA接続のHDDケーブルを抜いた状態で、新品・未初期化の非純正PCIe NVMe SSDのフォーマットにチャレンジしてみます。

まず、インターネットリカバリ機能を使った「macOS復元」と言えば・・・


↑Macで「command + R」キーを押した状態で電源ボタンを押して起動してあげる事で・・・


↑macOS復元のインターネットリカバリモードに入ります。
(もちろんネットへ接続可能な環境で実施する必要があります)

但し、この起動方法だと・・・


↑こんな「OS X ユーティリティ」画面が表示されてしまいます。
アイコンをよく見ると・・・


↑Mac mini(Late 2014)出荷時に搭載されていた「OS X Yosemite(10.10)」のアイコンが表示されています。

この状態でディスクユーティリティを起動しても・・・


↑「OS X Yosemite(10.10)」では非純正のPCIe NVMe SSDをサポートしていないので、新品・未初期化のPCIe NVMe SSDフォーマットすることはできません。

と言うことで、「command + R」キーのキーコンビネーションではなく・・・


↑次は「option + command + R」キーを押した状態で電源ボタンを押して起動してあげると・・・


↑同じようにmacOS復元のインターネットリカバリモードに入りますが、今度は・・・


↑こんな「macOSユーティリティ」画面が表示されます。
アイコンをよく見ると、先程とは違って・・・


↑現時点で最新の「macOS High Sierra(10.13)」のアイコンが表示されています。
「macOS High Sierra(10.13)」であれば非純正のPCIe NVMe SSD用のドライバが入っているので、新品・未初期化のPCIe NVMe SSDをフォーマットすることが可能です。

と言うことで、この状態でディスクユーティリティを起動すると・・・


↑あれ、やはりPCIe NVMe SSDがディスクユーティリティ上表示されていません・・・(おかしいな・・・)。

でも大丈夫(アレコレいじって見つけました)、ここでディスクユーティリティの左上にある・・・


↑「表示」ボタンを押して・・・


↑「すべてのデバイスを表示」を選択します。

そうすると・・・


↑ぱっと見この段階では何も変わりませんが、この状態で一度・・・


↑メニューバーより「ディスクユーティリティを終了」を選択します。


↑「macOSユーティリティ」画面に戻るので、再度ディスクユーティリティを起動すると・・・


↑あら不思議、今度はしっかり非純正のPCIe NVMe SSD(960 EVO)を認識してくれました♪
(960 EVOは一切フォーマットしていない購入直後の状態です)

ここまできたら後は・・・


↑非純正のPCIe NVMe SSDを選択した状態で「消去」ボタンを押します。


↑名前に適当な名前を入力し、後は初期値通りフォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」、方式は「GUIDパーティションマップ」を選択して「消去」ボタンを押せば・・・


↑これでフォーマットが完了です♪

ディスクユーティリティを終了して・・・

<手順3:「macOS High Sierra(10.13)」以降をインストール>


↑「macOSインストール」を選択すれば・・・


↑フォーマットしたドライブが表示されるので、ドライブを選択してインストールすればOKです。

場合によっては・・・


↑「復旧サーバに接続できませんでした。」と表示されることもありますが、単にネットワークに接続できていないだけなので・・・


↑画面右上のWi-Fiのアイコンをクリックして接続可能なネットワークを選択してあげるとインストールできるはすです。

これで以下の手順1〜手順3までが完了したので・・・
・手順1:EFI(FirmWare(ファームウェア))をNVMe SSDに対応したEFIにアップデートする
・手順2:NVMe SSDをフォーマットする
・手順3:「macOS High Sierra(10.13)」以降をインストールする

無事に・・・


↑サードパーティー製のPCIe NVMe SSDにインストールしたmacOSから起動する事が出来ました♪

そんな訳で、サードパーティー製のPCIe NVMe SSDの場合
Mac向けにフォーマットされていないので、単に交換・取り付けしただけでは使用できませんが
一度Mac向けにフォーマットさえしてあげれば、それ以降は純正のSSD同様に使用できるようになるので(但しmacOS High Sierra(10.13)以降)
純正品よりも安くて入手しやすい非純正のPCIe NVMe M.2 SSDを使用してMacのアップグレードにチャレンジしてみてください。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加