君の瞳は何万ボルトだっけ?

スポンサーリンク

久しぶりにブツが届いたよ!


↑関係ないけど、右下のはスヌーピースリッパだよ。

今回は何を買ったかって?
念願のブツをついに買っちゃったよ。
あまりに高くてあきらめていたやつだよ。

でも、ある日とっても安い物を発見して、どうしても欲しくなっちゃったよ。
でもでも、普通と比べるとかなりの価格破壊で、爆発的大ヒットって感じで、
今、大人気の商品で、生産間に合わなくて注文しても1,2ヶ月待たないと買えないよ。

1,2ヶ月待っても欲しいくらいのブツだし、この値段なら待っても損はない!
と思って思い切って注文しちゃったよ!

注文した時は「1ヶ月待ちの予約」だったんだけど、
たまたま運良く注文したお店に奇跡的に在庫があったらしくて代金を振り込んだ翌日には到着したよ!
ラッキー!(他の店で注文して、予約待ちの人ゴメンね)

そう、ついに買ったよ


↑LOUD(88ハウス)製の「H.I.D」!

う、う、ついに念願の「H.I.D」をGetだよ。
ついにスヌーピーマーチにも「H.I.D」が搭載されるよ!

さて、「H.I.Dってなんじゃそりゃ?」って思った人もいるよね。
簡単に説明すると車のヘッドライトだよ。
最近なんか車のライトが蛍光灯みたいにっ真っ白なの見たことあるよね、それそれ、その蛍光灯みたいに白くて明るく光るライトのことを「H.I.D」って言うんだよ。

詳しくは某メーカーのWebより抜粋:
H.I.D(Hight Intensity Discharg=高輝度放電)のことで、原理的には野球場や市街地の夜間照明などと同様ですが、自動車用の照明装置に使用する場合100%の点灯状態になるまでにかなりの時間が必要で自動車用としては不向きとされておりました。自動車用H.I.Dは、従来のDC12vでフィラメントを発光させるハロゲンバルブとは構造が異なり、フィラメント(ハロゲンバルブの発光部分)がなく、DC12vをインバータ・イグナイタ(電圧変換器)内で約2万ボルトへ変換した後、H.I.Dバルブ内の異なる極性電極間スパーク(放電)し瞬時に発光・点灯させる事を可能とした全く新しいヘッドランプシステムです。
(なるほど…)

で、最近は結構普通の車でもディーラーでオプションで付けられるようにはなったけど、やっぱり「H.I.D」が標準で付いている車はお高い車だけだよ。なんでかって言うと「H.I.D」自体が結構値段が高いからだよ。

一昔前まではカーショップで、取り付けるのに15万円とかしていたからとてもビンボー人には買えないVIPなアイテムだったよ。
最近少し安くなって来たけど、とは言えカーショップで取り付けまで頼むと8万から10万円以上はかかってしまうよ。

「H.I.D」にも種類があって「色温度」によって区別されているよ。

普通のクルマのライト(H.I.Dではなく「ハロゲンバルブ」って言う)が3200K(ケルビンって単位)で
H.I.Dには「4500K」とか「5000K」とか「6000K」とか「7000K」とかあるよ。

その数値(ケルビン)が低いと普通のライトみたいに赤っぽい(黄色っぽい)色だよ。
その数値が高ければ高いほど光が白っぽい色になるよ(但し、7000Kを超えると青っぽくなってくる)。

で、値段も数値に比例して高くなればなるほど高価になってくるよ。
カーショップで
4500Kで6,7万円。 6000Kで7,8万円 8000Kになるとメーカーにもよるけど9万円から10万円以上だね。

で、今回俺が買ったのが
どうせ買うならって事で「8000K」を購入!(かなり頑張った!)
ちなみに6000Kが一番売れているよ(2ヶ月待ち)。

でも、このメーカーのはほとんどのお店がなんと55000円で売ってるよ!(カーショップの半額ぐらい! ただ1,2ヶ月待つけど)

俺はさらに安く5万円でおつりが来るぐらいで買いました(予約待ち&5万円でおつり来ない人ゴメンね)。もちろん新品です。

そもそも今マーチのライトは車検の通らない「ブルーバルブ」を付けているよ。
普通のハロゲンバルブが少し青く光るタイプの物だよ。
なんにしろ普通のハロゲンバルブなのでH.I.Dとは光量が比べ物にならないから、雨の日とかかなり見づらいよ。
しかも、「ブルーバルブ」は寿命短くて俺が使っているやつは1年しか持たないよ(普通のは2年ぐらい)。
値段も4000円ぐらいで高いしさ。

だけど「H.I.D」だと4年とかそれ以上長持ちするよ(理論的にはタマ切れがないので、半永久的に使えるらしいけど実際そう上手くいかない)。

で、マーチのブルーバルブはここ3年間(3回)とも9月にタマ切れしているので、もうじき切れるし今年から「H.I.D」に切り替えようかと考えていたところだったよ。

他のメーカーでもなんか安いやつがあったんだけど、ネットで調べると悪い噂(すぐ壊れるとか、左右の色が違うとか)が沢山あって、日本製じゃないし買う気になれなかったよ。俺が買ったメーカーのはそこそこ評判いいし、予約待ちするぐらいだからそれなり評判良かったから買っちゃったよ(MADE IN JAPANだし)。

で、


↑左のが「バラスト」で右の黒いのが「Hi/Loコントロールユニット」だよ。

「バラスト」ってやつが2万ボルト以上の電圧を作り出してくれるよ。
でも、それなりに危険なので要注意だよ!
「Hi/Loコントロールユニット」はその名の通りハイビームと普通のロービームの切り替えを制御する部品だよ。

「H.I.D」は「Hi/Loコントロールユニット」が付いていないモデルも売っているよ。
それだと付いている物に比べて1円以上安く買えるよ。
だけど、常にロービームしか出ないので普通に走る分には問題ないけどハイビームが無いから車検には通らないよ(車検はハイビームを見る)。

そんで


↑これが「バーナー」(メインの光る部分)だよ。

さらによると


↑中にキセノンガスなどが入っていてそれが電子と衝突して発光するよ。
(関係ないけど、やっぱりNikonのCOOLPIXはきれいに撮れるね。←自己満足)

でも、そのまま取り付けるとまぶしすぎるので


↑キットに付属のシェードを取り付けるよ。

さて、本当は早速今日の日中に取り付けて、夜のドライブを楽しもうと思ったんだけど
何分、台風で雨がすごかったのでお家で待機だったよ。
でも、17時半ごろに雨がやんだので「気合い」で日が暮れる前に取り付けをやることにしたよ。
(なんでもすぐにやってみたいもので・・・)

で、ダッシュでやろうと張り切っていたら説明書を家に忘れて、駐車場まできちゃったよ・・・
でも、家に帰っていたらすぐに日が暮れるので説明書無しで取り付けました。
「感電」と「高温(バーナーが超熱くなる)」さえ気を付ければ、説明書無しでも何とかなります。

そんで、まずは「空焼き」をするよ。
レンズにバーナーを装着する前に「空焼き」の作業が必要だよ。
バーナーが超高温になるので、最初だけちょっと「煙」が出る場合があるらしいよ。
バーナーをレンズに取り付けてそれで「煙」が出ちゃうとレンズが曇ってしまって取り返しの付かないことになってしまうので、レンズに入れる前に「空焼き」をするんだよ。

日が暮れる前にダッシュで配線をして
いよいよ「点灯(空焼き)」開始だよ。

どんな色か楽しみだよ。

スイッチON!


↑適当にビニールテープで固定して「空焼き」しているところ。

おお!

「白い!」&「明るい!」
(本当は直視してはいけない。明るすぎて目がやられるので)

8000Kだから、もう少し青い色を想像していたんだけど、「青」ってより「真っ白」だよ。
まあ、H.I.Dは点灯直後と安定後で色が微妙に変化するからまだわからないけど。
でも、4500Kとか6000Kは点灯直後暗かったりするけど、8000Kだと点灯直後から明るいよ。

1分ぐらい「空焼き」をして、配線は適当のままレンズに入れてみたよ!


↑ピンボケしてます…ライトの写真って難しいなぁ。

うーん、いい感じ。
今までとは比べ物にならん。

まだ真っ暗にはなっていない夕方だったけど、ライトを付けると昼間みたいに「真っ白く」明るくなるよ。
左右に関してもハロゲンよりも照射される角度が広いよ。


↑またピンボケ… やっぱカメラ手持ちだとぶれるな。

ここで日が暮れてしまってエンジンルームが見えないので、
今日はあきらめて配線の整理などは明日やることにしました。
明日はもっと暗くなってからデジカメで撮ってみます。
配線も適当にデジカメで撮って紹介する予定。

それと、H.I.Dはハロゲンより明るい割りに消費電力はハロゲンより少ないです。
でも、高圧を必要とするため、バッテリーがしょぼいと点灯しない場合もあるそうです。
とりあえずスヌーピーマーチはバッテリー(だけ)は最強積んでるから問題なし。

あと、「空焼き」の時にライトのスイッチをOFFにしてもライトが付きっ放しの状態になりました…。
無理やりバッテリーのマイナスを外して消しましたけど、その後バラストやコントロールユニット、バーナーの組み合わせを3,4通り変えたら消えるようになりました(バーナー、バラスト、コントロールユニットには「右」も「左」も区別が無いはずですが、なぜか私の車の場合そのような現象が発生しました)。
原因は不明だけど、私以外にもそうなった人をネットで見つけました。やっぱりなんか組み合わせみたいのがあるのかな?

とりあえず、普段使っていてそうならならないことを祈るのみ。

値段もだいぶ下がってきたので、この先「H.I.D」装着車がかなり増えることは間違いないでしょう。
通勤で毎日夜運転する人は付けて損は無いと思います。
特に街灯の無い山道走る人は・・・(俺)。

タイトルとURLをコピーしました