「臨月(りんげつ)」

家族・こども・自分
スポンサーリンク


↑こちらの画像を使うのは約10年ぶりです。
でも今日はこの中島みゆきさんの音楽の話題ではなく、タイトルの「臨月」のお話です。

そもそも「臨月(りんげつ)って何?」と言う男性も多いと思いますが(せきねさんもそういう時期が来るまで知らなかった)、「臨月」とは「妊娠36週0日〜39週6日までの出産予定日1ヶ月前の期間を指す言葉」だそうです。

せきねさん本人が一番びっくりしていたりするのですが、なんと10年ぶりに「せきねさん家」に家族が1人増えて4人家族になる予定です!

これまで余裕は全然ありませんでしたが何だかんだ3人で生活をする事ができ今のままでも十分幸せなのですが、でも心の奥で「もう1人いたら楽しいだろうなぁ」と言う思いがずっとあり、そしてせきねさんにも姉がいて兄弟がいる事のありがたさを歳を取れば取るほど感じて、いつかもう1人出来たら良いなぁと思っていました。
ですから、これから新しい家族が生まれて来る事がすごく嬉しくてすごく楽しみです。1人目の時は子育てや生活に対する不安の方が大きかったですが、2回目の今回は圧倒的に「楽しみ」と言う気持ちの方が大きいです。

そして1人目の時は結婚より妊娠が先だったり、遠距離だったり、住むところが無かったり、大地震が来たりで、妊娠・結婚から3ヶ月程はほぼ会っていなかったので、奥さまの妊娠初期の様子をほぼ見ておらず、そして里帰り出産で出産直前もあまり会えなかったので、今回初めてその様子を目にすることになり
・2~4ヶ月は「つわり」で吐いて・寝て・食って・吐いて・寝て・食って・吐いて(エンドレス)の繰り返しで、大変そうだなと・・・
・安定期に入ると意外と普通そうだったり、ひたすらゴロゴロ・グータラしていたり(←妊娠前と同じ)・・・
・臨月を迎えた最近はずっと「ふぅー、ふぅー、ふぅー」と常に食べ過ぎた人のような状態だったり・・・
せきねさんと奥さまは同じ歳なので40代での出産となり、男性のせきねさんにはその大変さがしっかりと理解出来ていませんが、でも奥さまには本当に感謝です。ありがとう。

奥さまも小学校4年生のお子さまもこれから生まれて来る子の事をすごく楽しみに待っているので、どうか元気に生まれてきてね。

タイトルとURLをコピーしました