まだやるの?念願の3つ目・・・(若干やり過ぎ?)

スポンサーリンク

今日も


↑でかいものが到着・・・

頭の中では数年前からイメージしていたんだけど、やっと実現だよ!(長かった・・・)

時々オークションで見かけるものの
なかなか自分のクルマと同色で
状態もそこそこで
値段もそこそこの
ものが見つからなかったんだけど

でも、この前ついに条件の合うものを発見!

ちょっと迷ったけど
「あの時買っていればなぁ・・・」って後で思うのは嫌なので
そう言う時は買うことに


↑日産純正「テールスポイラー」!
(ほぼ未使用の新古品!)

また、買ってしまった・・・
まだ付ける気か・・・
スポイラー系3本目・・・

(1本目を付けた時の日記はこちら)
(2本目を付けた時の日記はこちら)

でもこれさ、ちゃんとした


↑ディーラーのオプションなんだよ。

値段高いから新品はとても買う気になれないし
付けているクルマもそんなに多くないかな。まあ純正オプションだからそれなりにいると思うけど。
リアがハッチバックのクルマには比較的よくあるオプションだね。
(TOYOTAのカルディナとか日産のパルサーとかだと付けてる人多いかな?)

で、ちょっと見づらいけど
取り付けの為の


↑ネジ穴が最初から片側に2つ(計4つ)ついているよ。
さらに取り付け面の周りをぐるっと1週両面テープが付いているよ(雨の侵入を防ぐ為)。

で、今までのせきねさんなら
迷わず「両面テープ」のみで取り付けていたけどさ、
(他に「ビニールテープ」や「木工用ボンド」を愛用しており最終的にはいつも耐えきれずに取れちゃう…)

さすがに3本目だしさ
いい加減に今回はちゃんとボルトも使ってネジ止めすることに!

でも、「ネジ止め」する為にはクルマにネジを通す「穴」をあけないといけないよ!

クルマに穴なんて怖くてあけられないよ!(サンルーフは?・・・)

でも、ここは勇気を出して頑張る事に。

いや、何だかんだ言ってせきねさん「ドリル」すら持ってないよ・・・
(「ドリフ」は好きだけど・・・)

お庭のイナバ物置をごそごそしたら一応ドリルらしき物があったんだけどさ、
作業をするのは駐車場だから「電源」がないんだよね。

そう、「電源」さえあれば結構色んな事が出来るんだけどねぇ・・・
いつかはガレージのあるお家に住みたいなぁ・・・小さい家でいいから・・・
そうすれば家のコンセントから延長して電動工具が使えるのになぁ。

で、「充電式(コードレス)ドリル」ってやつを買ってみる事に。
田舎はホームセンターがそこら中にわんさかあるから便利だよ。
近くの「カインズホーム」へ。

コードレスのドリルって結構高いんだね。
一流メーカーのだと3万円とかだね・・・
そこそこのメーカーのでも1万円以上・・・
(コードレスじゃない普通のやつはとっても安いのに・・・)

年に数回しか使わないし、そんなにハードに使わないし
あれば便利程度なのでとにかく「安物」を探したら・・・

あったよ!
コードレスの充電式で1980円!

で、店員さんに「これでクルマに穴空きますか?」って聞いてみたら

店員さん:「これだとパワーがないので鉄板は厳しいですね」

だってさ・・・。(涙)
(簡単な工作で使う木材用らしい)

ってことで、
とりあえずクルマに穴があけられる程度のパワーがある1番安いやつを店員さんに教えてもらってついに購入!


↑これ。カインズホームのオリジナル?「(安物)コードレスドライバードリル!」

ドリルに取り付けるプラスやマイナスのドライバーや
穴を空ける為の太さの異なったドリルの刃が数本入っている初心者向けのちょうどいいセット(4000円ぐらい)。

よし、これでこれから色んな所に穴をあけて色んな事が出来るぞ!
(ろくなことしないだろうけどさ・・・)

ってことで、早速「テールスポイラー」を取り付ける事に・・・

まずは取り付けるリアハッチの裏側にある


↑フタを取り外しておくよ。
(ナンバー灯の電球とかを交換する時とかにここをあけるよ)

さて、問題はテールスポイラーに取り付けてある

「ネジ穴」に合わせてどうやってリアハッチに「穴」をあけるかだよ

って言うか「どうやるの?」

ディーラーの人とかどうやってるんだろう?
なんか穴をあけるポイントとか書いた型紙があったりするのかね?

業者とかみんなどうやってるの?

ぜんぜん分からないけど、
以下の方法しか自分には思いつかなかったので何とかやってみる事に・・・
(もっと他にいい方法があると思われるのであんまり参考にならないかも?)

まずは透明なシートってことで


↑CDのケースを保護する透明なシートを使う事に。

これを4つに切って・・・

テールスポイラーのネジ穴部分に巻き付けるよ


↑シートの端の部分をビニールテープで止めておくよ(反対側の端の部分も同様に)。

で、テールスポイラーのネジ穴の真上にあたる部分を


↑透明のシートにマジックで印をつけておくよ(黒のマジックで丸く印が付いているのが分かるかな?)。

これをネジ穴4カ所すべてに取り付けておいて
今度はテールスポイラーを実際に車体の取り付ける部分に仮にあててみるよ。

テールスポイラーをボディにあてたまま


↑さっきテールスポイラーに取り付けた透明なシートを剥がして、今度はボディ側にシートを貼付けるよ。


↑反対側(下側)の方もテールスポイラーから剥がしてボディの方へ貼付ける。

そして、仮にあてていたテールスポイラーを取り去ると・・・


↑ボディ側のネジ穴をあけるポイントが分かるって仕組み(もっと簡単な方法あったら教えてね)。

他の部分も


↑こんな感じ。

そうしたら今度はネジ穴の印をつけた中心の部分を先のとがったドライバーとかを使ってボディを凹ますよ。

凹まして透明なシートを取り外すと


↑こんな感じにポイントが分かるよ。

で、そのポイントめがけていよいよ
安物コードレスドリルの登場です!


↑ここまで来たら後戻りは出来ないので勇気を出して穴開け開始!

ドゴドゴドゴドゴ!
(小さい穴とは言え結構な騒音です・・・ご近所さんごめんなさい。)

はじめは細い刃で穴をあけて徐々に太い刃に替えていって

なんとか・・・


↑穴開け終了!
あーあー、ついに穴あけちゃったよ…
やっぱり何かこう複雑な気持ちだよね。
まあ、安くて古いクルマだから新車に比べれば思い切って出来るんだけどさ。

さて、今度は穴をあけた部分が「サビ」ないように


↑ボディペンを適当に塗っておいて、
さらに穴から水が浸入しないように念の為穴の周りを囲うように両面テープを貼ってみました(たぶん張らなくてもいいと思うけど)。

で、4ヶ所頑張ると・・・


↑こんな感じ。
(ボディペンを塗る前にテールスポイラーを仮にボルトで取り付けてみてあけた穴とネジ穴がしっかり合うかどうか試してみてね。せきねさんは数ミリ合わなかったので多少穴をひろげました。でも、こんな方法でもそこそこの精度で穴開け出来ました。)

そうしたら裏側からいよいよボルトで固定だよ!


↑結構狭いので大変でした。

軽く4本ともボルトを取り付けて、テールスポイラーの取り付け面に張ってる両面テープを上手い事剥がしてボディへ接着。
その後ボルトをしっかり締めてついに完成!

全然関係ないけど、作業中にスポイラーをクルマの屋根に置いた時に・・・

うっかり・・・


↑TV用のダイバーシティアンテナをなぎ倒してしまった・・・(涙)。

固定する部分のプラスチックが完全に折れちゃって、死亡・・・。
もともとカーナビ買った時に付いて来た中古品でだいぶ年季入ってたので、
寿命ってことで今度買い替えます・・・(アンテナないとパッと見が寂しいし)。

では、「おさらい」ってことで
せきねさんのスヌーピーマーチのリアスポイラー周りの歴史をご覧あれ。
(まわるぅ~まわるぅ~よ 時代はまわるぅ~♪←中島みゆきの時代)

まずは何もなかった頃・・・

お次は日産純正の「リアスポイラー」

お次はIMPULの「リアウイング」

お次は「リアスポイラー」プラス「リアウイング」のツインスポイラー

で、お次はリアスポを外して
「リアウイング」プラス「テールスポイラー」のツインスポイラー

で、最後はあり得ない組み合わせのたぶん前人未到の
「リアスポイラー」プラス「リアウイング」プラス「テールスポイラー」のトリプルスポイラー・・・


↑リアスポイラーがはいらなくてだいぶ削ったりかなり調整しました・・・


↑横から見ると結構いい感じ?(って思うのは取り付けた本人だけ?)


↑リアの日産のエンブレムだけゴールドエンブレムにしなかったのはどうせ
テールスポイラーを取り付けると隠れて見えなくなってしまうのでゴールドにしませんでした。


↑斜め後ろから。

うーん、どうよ?

どの組み合わせがいいのかね?
やっぱり「リアスポイラー」のみってのがけっこうすっきりしてて良かったんだなぁと思う今日この頃・・・。

まあ、マーチのリアハッチの重さなら誰にも負けないってことで・・・

取り付けが上手く出来たし、何か妙な迫力がある感じでとりあえず満足満足!
4つ目はたぶんないです・・・
(でも、リアハッチはまだこれで終わりにするつもりはないけど…)

以上、トリプルスポイラーでした。
(世の中は「GTウイング」が大流行りだけど・・・こっちの路線も悪くないかと)

タイトルとURLをコピーしました